Amazon Kindle Unlimitedで戦術書を読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mizuno(@mahjongbegin)です。

麻雀の戦術書は沢山ありますが、全てを買うのは難しい人も多いと思います。今回はそんな人のためのサービスとしてAmazon Kindle Unlimitedを紹介します。

なお、今回の記事の情報は2018年末(12/30)における情報です。

Webサービスは色々と機能や仕様が変わったりするので、現時点での情報であることをご了承ください。

Amazon Kindle Unlimitedとは

Amazon Kindle UnlimitedはAmazonが提供している月額読み放題サービスです。

月額980円で電子書籍が読み放題になります。

全ての本が読み放題になるわけではありませんが、読み放題対象本に麻雀の戦術書が結構入っています。

※2018年末時点 で読み放題対象の麻雀戦術書を以下に一部紹介

・ゼロ秒思考の麻雀 ZERO

・麻雀強者の0秒思考 ZERO

・実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義 ゆうせー

・麻雀AI戦術 人口知能「爆打」に聞く必勝法 水上直紀

・「統計学」のマージャン戦術 みーにん

・これだけで勝てる! 麻雀の基本形80 福地誠

・麻雀テクニック 福地誠

・現代麻雀手作りと押し引きの鉄戦術 福地誠

・麻雀定石「何切る301選」 G・ウザク、福地誠

・麻雀傑作「何切る300選」 G・ウザク、福地誠

・麻雀麒麟児の一打 鉄鳴き 堀内正人

まだまだ他にも対象本があります。

ちなみに以前紹介した「賭けの考え方」も対象本です。

これらが月額980円で読み放題になるので、戦術書は気になるけど高くて買えないという人におすすめです。

Amazon Prime Readingとの違い

Amazon Kindle Unlimitedとよく似た読み放題サービスにAmazon Prime Readingというものがあります。

どちらもAmazonの月額読み放題サービスで違いが分かりにくいですが、Amazon Prime Reading はAmazonのPrime会員(月額400円か年額3900円)であれば自動的に使えるサービスです。

Kindle Unlimitedはprime会員であっても追加で980円かかります。

ただ、戦術書に限って言えばAmazon Prime Readingで読める本は現状ありません(以前は「現代麻雀手作りと押し引きの鉄戦術」が対象だったはずだが外された?)。

使い方と注意点

Amazon Kindle Unlimitedを使うにはAmazonのアカウントとKindleアプリが必要になります。

Amazonでサービスに登録し本を探し、スマホやPC等のKindleアプリで電子書籍として読む感じです。

登録後はkindleアプリで対象の本を利用(ダウンロード)して読めるようになります。

注意点として、初回30日間無料ですが、期間が過ぎると自動で課金されていきます。

基本的に初回登録時に自動更新になっているので、使わなくなったら忘れずに解約しましょう。

また、対象本は読み放題ですが、kindleアプリにダウンロードできる本は10冊までです。

10冊を過ぎると、新しい本をダウンロードするためには他の本を削除しないと読めません(もちろん消した本もダウンロードし直せば読めます)。

また重要な注意点として、読み放題対象の本は予告無しに入れ替わります。

上記で紹介した戦術本も、もしかしたらこれから読めなくなるかもしませんし、逆に今まで対象ではなかった本がこれから対象になる可能性もあります。

もし今どうしても読みたいものがあれば優先的に読みましょう。

筆者もkindle Unlimitedで多くの戦術本を読みました。

特に麻雀傑作「何切る」300選などは何度も繰り返し読むタイプの本なので、電車の中や空いた時間にサクッとスマホで読めるので重宝しています。

年末年始にがっつり麻雀を勉強したい方はぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする